• 文学賞・発表月別一覧(芥川・直木・本屋大賞などなど)
  • 新井賞とは?受賞作品のすべてと同日発表の直木賞・芥川賞受賞作品
  • 「もっとすごい!! このミス」ベスト・オブ・ベスト20冊
  • 高校生直木賞・現在までの受賞作品と候補作品のすべて
  • 平成のベストセラー・実用書30冊(世界一受けたい授業より)

山田風太郎賞・第1回(2010年)~現在までの受賞作品と候補作品のすべて

人名のついた文学賞

山田風太郎賞とは

発表:10月

主催:KADOKAWA、角川文化振興財団

KADOKAWA(社内ブランド・角川書店)と角川文化振興財団が主催する日本の文学賞。山田風太郎の独創的な作品群と作家的姿勢への敬意を礎に有望な作家の作品を発掘顕彰するため、2010年に創設された。毎年9月1日から翌年8月31日までに刊行された日本の小説作品を対象とする。受賞者には正賞として記念品、副賞として100万円が授与される。(ウィキペディアより)

戦後日本を代表する大衆小説作家、山田風太郎。本賞は氏の独創的な作品群と、その作家的姿勢への敬意を礎に、有望な作家の作品を発掘顕彰するために創設されたものです。ミステリー、時代、SFなどジャンルを問わず、対象期間に発表され、最も面白いと評価された作品に贈られます。(山田風太郎賞 公式サイトより)

出典:ウィキペディア山田風太郎賞(KADOKAWA)

 

山田風太郎(ウィキペディア)
生年月日:1922年1月4日
活動期間:1947~2001年(79歳没)

 

第9回:2018年度

受賞作:宝島

著者:真藤順丈

第9回山田風太郎賞&160回直木賞受賞!&第5回沖縄書店大賞の3冠!

英雄を失った島に、新たな魂が立ち上がる。固い絆で結ばれた三人の幼馴染み、グスク、レイ、ヤマコ。生きるとは走ること、抗うこと、そして想い続けることだった。少年少女は警官になり、教師になり、テロリストになり―同じ夢に向かった。超弩級の才能が放つ、青春と革命の一大叙事詩!!

created by Rinker
¥1,998 (2019/08/25 00:18:13時点 楽天市場調べ-詳細)
1820ac31.286aba44.1820ac32.34a69b7e

 

候補作品

垣根涼介 『信長の原理』

created by Rinker
¥1,944 (2019/08/25 00:18:13時点 楽天市場調べ-詳細)
1820ac31.286aba44.1820ac32.34a69b7e

須賀しのぶ 『夏空白花』

created by Rinker
¥1,836 (2019/08/25 00:18:13時点 楽天市場調べ-詳細)
1820ac31.286aba44.1820ac32.34a69b7e

恒川光太郎 『滅びの園』

created by Rinker
¥1,728 (2019/08/25 09:40:45時点 楽天市場調べ-詳細)
1820ac31.286aba44.1820ac32.34a69b7e

湊かなえ 『ブロードキャスト』

created by Rinker
¥1,620 (2019/08/25 09:40:45時点 楽天市場調べ-詳細)
1820ac31.286aba44.1820ac32.34a69b7e

 

第8回:2017年度

受賞作:ヒストリア

著者:池上永一

第二次世界大戦の米軍の沖縄上陸作戦で家族すべてを失い、魂(マブイ)を落としてしまった知花煉。一時の成功を収めるも米軍のお尋ね者となり、ボリビアへと逃亡するが、そこも楽園ではなかった。移民たちに与えられた土地は未開拓で、伝染病で息絶える者もいた。沖縄からも忘れ去られてしまう中、数々の試練を乗り越え、自分を取り戻そうとする煉。一方、マブイであるもう一人の煉はチェ・ゲバラに出会い恋に落ちてしまう…。果たして煉の魂の行方は?著者が20年の構想を経て描破した最高傑作!

 

候補作品

木下昌輝 『敵の名は、宮本武蔵』

澤田瞳子 『腐れ梅』

森見登美彦 『夜行』

柚月裕子 『盤上の向日葵』

 

第7回:2017年度

受賞作:罪の声

著者:塩田武士

京都でテーラーを営む曽根俊也。自宅で見つけた古いカセットテープを再生すると、幼いころの自分の声が。それは日本を震撼させた脅迫事件に使われた男児の声と、まったく同じものだった。一方、大日新聞の記者、阿久津英士も、この未解決事件を追い始め―。圧倒的リアリティで衝撃の「真実」を捉えた傑作。

候補作品

垣根涼介 『室町無頼』

雫井脩介 『望み』

中路啓太 『ロンドン狂瀾』

万城目学 『バベル九朔』

山田宗樹 『代体』

 

第6回:2017年度

受賞作:鳩の撃退法

著者:佐藤正午

かつては直木賞も受賞した作家・津田伸一は、「女優倶楽部」の送迎ドライバーとして小さな街でその日暮らしを続けていた。そんな元作家のもとに三千万円を超える現金が転がりこんだが、喜びも束の間、思わぬ事実が判明する。―昨日あんたが使ったのは偽の一万円札だったんだよ。偽札の出所を追っているのは警察だけではない。一年前に家族三人が失踪した事件をはじめ、街で起きた物騒な事件に必ず関わっている裏社会の“あのひと”も、その動向に目を光らせているという。小説名人・佐藤正午の名作中の名作。圧倒的評価を得た第六回山田風太郎賞受賞作。

候補作品

青山文平 『つまをめとらば』

木下昌輝 『人魚ノ肉』

島本理生 『Red』

柚月裕子 『孤狼の血』

 

第5回:2017年度

受賞作:二千七百の夏と冬

著者:荻原浩

ダム建設工事の作業中に、縄文人男性と弥生人女性の人骨が発見された。
二体はしっかりと手を重ね、互いに顔を向け合った姿であった。三千年近く前、この男女にいったいどんなドラマがあったのか?
新聞記者の佐藤香椰は次第にこの謎にのめりこんでいく――。
時代のうねりに翻弄された悠久の愛の物語。

候補作品

伊岡瞬 『代償』

誉田哲也 『ケモノの城』

万城目学 『悟浄出立』

柳広司 『ナイト&シャドウ』

 

第4回:2017年度

受賞作:巨鯨の海

著者:伊東潤

江戸時代、紀伊半島の漁村・太地に、世界でもまれな漁法「組織捕鯨」を確立した人々がいた。磨かれた技を繰り出し、集団で鯨に立ち向かう「鯨組」は、仲間との強い絆と厳しい掟により繁栄を極めた。命を削る凄絶な戦いゆえに、鯨にも畏布の念をもって立ち向かう彼ら。江戸末期から明治へ、共同体の熱狂の季節と終焉を躍動感溢れる筆致で描く、全六編の一大クロニクル!

候補作品

有川浩 『旅猫リポート』

伊坂幸太郎 『死神の浮力』

垣根涼介 『光秀の定理』

増田俊也 『七帝柔道記』

 

第3回:2017年度

受賞作:光圀伝

著者:冲方丁

「なぜあの男を自らの手で殺めることになったのか」老齢の光圀は、水戸・西山荘の書斎でその経緯と己の生涯を綴り始める。父・頼房の過酷な“試練”と対峙し、優れた兄・頼重を差し置いて世継ぎに選ばれたことに悩む幼少期。血気盛んな“傾奇者”として暴れる中で、宮本武蔵と邂逅する青年期。やがて文事の魅力に取り憑かれた光圀は、学を競う朋友を得て、詩の天下を目指す―。誰も見たことのない“水戸黄門”伝、開幕。

受賞作:晴天の迷いクジラ

著者:窪美澄

デザイン会社に勤める由人は、失恋と激務でうつを発症した。社長の野乃花は、潰れゆく会社とともに人生を終わらせる決意をした。死を選ぶ前にと、湾に迷い込んだクジラを見に南の半島へ向かった二人は、道中、女子高生の正子を拾う。母との関係で心を壊した彼女もまた、生きることを止めようとしていた―。苛烈な生と、その果ての希望を鮮やかに描き出す長編。

候補作品

中田永一 『くちびるに歌を』

誉田哲也 『あなたが愛した記憶』

山田宗樹 『百年法』【上下】

 

第2回:2017年度

受賞作:ジェノサイド

著者:高野和明

イラクで戦うアメリカ人傭兵と、日本で薬学を専攻する大学院生。まったく無関係だった二人の運命が交錯する時、全世界を舞台にした大冒険の幕が開く。アメリカの情報機関が察知した人類絶滅の危機とは何か。そして合衆国大統領が発動させた機密作戦の行方は―人類の未来を賭けた戦いを、緻密なリアリティと圧倒的なスケールで描き切り、その衝撃的なストーリーで出版界を震撼させた超弩級エンタテインメント

候補作品

有川浩 『県庁おもてなし課』

曽根圭介 『藁にもすがる獣たち』

辻村深月 『水底フェスタ』

樋口毅宏 『民宿雪国』

真山仁 『コラプティオ』

 

第1回:2017年度

受賞作:悪の教典

著者:貴志祐介

とびきり有能な教師がサイコパスだったとしたら、その凶行は誰が止められるのか?

晨光学院町田高校の英語教師、蓮実聖司はルックスの良さと爽やかな弁舌で、生徒はもちろん、同僚やPTAから信頼され彼らを虜にしていた。そんな〝どこから見ても良い教師〟は、実は邪魔者は躊躇いなく排除する共感性欠如の殺人鬼だった。少年期、両親から始まり、周囲の人間をたいした理由もなく次々と殺害してきたサイコパス。美形の女生徒をひそかに情婦とし、同僚の弱みを握って脅迫し、〝モリタート〟の口笛を吹きながら、放火に殺人にと犯行を重ねてゆく。

社会から隔絶され、性善説に基づくシステムである学校に、サイコパスが紛れこんだとき――。ピカレスクロマンの輝きを秘めた戦慄のサイコホラー傑作長編。

候補作品

綾辻行人 『Another』

有川浩 『キケン』

海道龍一朗 『天佑、我にあり――天海譚戦川中島異聞』

森見登美彦 『ペンギン・ハイウェイ』

 

 

カテゴリー